3B体操富山県支部指導者教育事業『救命救急講習会』|公益社団法人日本3B体操協会の活動内容のご紹介

  • 3B体操とは
  • クラス紹介
  • 指導者資格取得制度について
  • 全国の本部ご案内
  • イベントカレンダー
  • 活動内容のご紹介
  • 会員の方からのメッセージ・体験談
活動内容のご紹介

公益社団法人日本3B体操協会 HOME > 活動内容のご紹介 > 3B体操富山県支部指導者教育事業『救命救急講習会』

3B体操富山県支部指導者教育事業『救命救急講習会』

※クリックすると写真が拡大します。

胸骨圧迫「両肘をまっすくに伸ばして垂直に圧迫して」
開催日
2017年2月12日(日)
開催地
富山県射水市
会場名
射水市消防署
参加者数
指導者45名
当日の様子など
富山県支部指導者45名が、射水市消防署において救命入門コースを受講しました。
射水市消防署員の方から『応急手当講習テキスト』に沿って早期救命処置の重要性と心肺蘇生法、AEDの使用手順を学び、その後、4つのグループに分かれ指導者全員が人形を使っての胸骨圧迫と人工呼吸、AEDを使った実技訓練を行い、その都度アドバイスをもらいながら真剣に取り組みました。
今回の講習を受けた事で、落ち着いて救命を行う心構えができ、教室中の万が一の時の知識としてとても貴重な時間となりました。
消防署員の方の実技。「AEDは落ち着いて音声メッセージの指示に従って」
人工呼吸「気道を確保し必ず鼻をつまんで」
活動内容のご紹介一覧ページへ
3B体操とは
  • 3B体操の魅力
  • 代表ご挨拶

クラス紹介

  • 赤ちゃんとママ向け
  • 親子向け
  • お子様向け
  • 大人向け
  • ご年配の方向け
  • 障がいのある方向け
  • 全国で開催中!イベントカレンダー
  • 活動内容のご紹介
  • 会員の方からのメッセージ・体験談
  • 全国の本部ご案内 お近くの教室をご紹介いたします!
  • もっと3B体操を広めたい!指導者資格取得制度について
  • よくあるご質問
  • 協会紹介
  • 活動報告
  • 今年度の事業計画

ページのTOPへ▲